今の地域でできることからはじめよう 未来も地球で、暮らせるために

調布 de SDGsのロゴ画像
調布 de SDGsのロゴ画像

国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成する行動計画として、2015年9月の国連サミットで採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」。世界全体の経済・環境・社会を包摂し、「個人」から、「団体」から、「地域」から、「国家」から起点となって行動できるように設定されています。

新型コロナウイルス感染症の拡大で改めて見つかった「世界の課題」の解決のために、2021年開催を予定している「2020東京大会」に向けて、「一人ひとりがいまできることは何か」を、対話を通して感じてみませんか?

開催日時

令和2年8月21日(金) 18:30~20:30
オンライン開催(Zoomを使用)

タイムテーブル(予定)

  • 18:30~18:45 テーブル単位で自己紹介、チェックイン、アイスブレークなど
  • 18:45~19:35 SDGsについて
  • 19:35~19:50 グループでの対話
  • 19:50~20:05 一人ひとりができるSDGs
  • 20:05~20:20 グループでの対話
  • 20:20~20:30 全体での対話・チェックアウト

※開始30分前(18:00)から講座を行うページをオープンしております。開始時間までログイン後の使用方法などサポートを行いますので、初めてのオンラインサービスの使用で操作方法などに不安のある方は、是非開始時間に余裕をもってログインください。
なお、入室(接続)時に必要なURLは、開催日前日までにメールでの送付を予定しております。

定員

30名(先着申し込み順、要申し込み)

参加費

2,000円
(注)高校生以下無料。イベント管理サービス「Peatix」を使用しての事前決済となります。

申込方法

「Peatix」にてお申し込みください。

講師

横山泰治